第三の手法

顧客に「見つけて」もらい、無事顧客化に成功し商品を購入してもらい、無事終了。と普通ならここで終わります、が色々なソーシャルメディアや口コミがインターネット上に存在し、情報交換の場所として利用されている現代において、購入後の顧客に対しフォローアップする必要性があります。なぜならば顧客の満足度を高めることにより、新しい顧客を獲得できる可能性が生まれるからです。

購入後の顧客の満足度を高めれば、自らソーシャルメディア上で製品のプロモーションを行ってくれます。そういった口コミはネット上では不特定多数の人と閲覧しているので、それは大きな宣伝効果があると思います。また、購入後の顧客に対して関連商品などを宣伝できる可能性も出てきます。そうしながら継続的に顧客とつながり続けていくことができます。購入後の顧客に質のよいコンテンツを提供して満足してもらい関係を継続しながら、ソーシャルメディアなどで顧客を増やしていくのがインバウンドマーケティングの手法になります。

このインバウンドマーケティングを成功させるには、顧客が求めている情報に対して質の良いコンテンツを与えることが必要になります。そのためには顧客の興味を引くことができる魅力的なコンテンツを作成できるか、有益な情報を提供できるかにかかってくるかと思います。顧客側に立顧客の目線に立って考えること、それが最も重要なことになるのではないでしょうか。

第二の手法

無事顧客に「見つけて」もらえたら、次はその顧客たちの情報を収集する必要があります。一番初めに必要となるであろうことはEメールアドレスとかではないでしょうか。これを取得することにより、こちら側からの情報提供が行えるようになるからです。そういったメールアドレスを取得するには、無料相談フォームや無料セミナーとか、ステップメール、ホワイトペーパーのダウンロードリンクなどを設置した方法があります。質のよいコンテンツなどであればいろいろな相談などをしてくれる可能性やメルマガの登録をしてくれる可能性もあがると思います。

そうして顧客のニーズなどを把握しながらさらに良質の情報を提供していくことで、商品を購入してくれやすい状態まで教育史ながら関係性を高めていくわけです。そしてより良い時期をみて顧客化するためのアクションを起こします。たとえば通販であれはお試し商品の販売やプレゼントとか、会員サービスであれば初月無料での登録案内などがあります。

顧客との信頼関係が高まった状態であればかなりの確率で成約となることが多いです。ただし、そのアクションの時期を間違えてしまうと逆に顧客が離れていく可能性もあります。それを見極めながらおこなうことが大切になります。

第一の手法

インバウンドマーケティングをする上において、まず重要なのが、顧客にとって魅力のある、役立つWebコンテンツを作成することではないでしょうか。このWebコンテンツが顧客を引き付ける重要なカギとなります。その良し悪しで次が決まってしまうからです。

ではどのようなコンテンツを作ればいいのか。それはあくまでも顧客視点で考えることです。顧客がどんな悩みをもっていてなにを検索するのか、どんなキーワードで検索をしてくるのか、要は顧客がどんな情報を知りたがっているのかを予測しながらコンテンツを作成していくのです。そうして質のよいコンテンツができたらソーシャルメディアでシェアしたほうがいいと思います。質のいいコンテンツは検索エンジンにおいても徐々に上位表示になっていき、ソーシャルメディアでのシェアも助けて大きく拡散し始めます。それを繰り返していくことにより、様々な顧客へ広く知れ渡ることになり自社への定期訪問者も増えていくはずです。

顧客側に立ち、そこからの視点でどんなコンテンツを望んでいるのか、それを考えながらコンテンツを作成していく、それがインバウンドマーケティングを行うことで最も重要なことではなかと思います。

インバウンドマーケティングの意味するところ

ネットの普及により企業のマーケティング活動というのはWeb上によるwebマーケティングが主流となってきております。インターネットを利用して自社の製品をアピールしたり、顧客からの情報を収集したりすることができ企業と顧客をつなぐための重要なサービスになっているのではないでしょうか。

そのなかに「インバウンドマーケティング」とよばれる手法があります。もともとこれまでの企業のマーケティング活動というのはアウトバウンドマーケティングという、不特定さ数の人を相手に情報を一方的に発信する一方通行型の手法でした。たとえば、大量のメールマガジンやダイレクトメール、TVCM,電話営業や訪問販売もこれにあたります。一昔前はこの方法は効果はあったでしょう。なぜなら情報を収集するすべが顧客側にはあまりなかったからです。しかしながら、インターネットの普及により、顧客側は自分がほしいと思う商品の情報をネットで収集できたり調べることができるようになり、逆にそれ以外の情報、必要のない情報は拒否できるようになりました。一方的な情報は顧客にとっては嫌煙されがちになってしまいます。

ではどうしたらいいのか。顧客が自ら情報を収集するのであれば、自社のところまで来てもらえばいいだけです。そう、顧客が検索をした結果、自社を「見つけてもらう」、そのことを前提としたマーケティングをインバウンドマーケティングといいます。Webサイトやソーシャルメディアを通じて顧客に役立つ情報を提供しそこから自社を「見つけて」もらえばその顧客がリピーターとなり、そこから口コミやtwitterやFacebookなどを通して次につながっていく、その一連の流れを狙って起こす手法になります。