第三の手法

顧客に「見つけて」もらい、無事顧客化に成功し商品を購入してもらい、無事終了。と普通ならここで終わります、が色々なソーシャルメディアや口コミがインターネット上に存在し、情報交換の場所として利用されている現代において、購入後の顧客に対しフォローアップする必要性があります。なぜならば顧客の満足度を高めることにより、新しい顧客を獲得できる可能性が生まれるからです。

購入後の顧客の満足度を高めれば、自らソーシャルメディア上で製品のプロモーションを行ってくれます。そういった口コミはネット上では不特定多数の人と閲覧しているので、それは大きな宣伝効果があると思います。また、購入後の顧客に対して関連商品などを宣伝できる可能性も出てきます。そうしながら継続的に顧客とつながり続けていくことができます。購入後の顧客に質のよいコンテンツを提供して満足してもらい関係を継続しながら、ソーシャルメディアなどで顧客を増やしていくのがインバウンドマーケティングの手法になります。

このインバウンドマーケティングを成功させるには、顧客が求めている情報に対して質の良いコンテンツを与えることが必要になります。そのためには顧客の興味を引くことができる魅力的なコンテンツを作成できるか、有益な情報を提供できるかにかかってくるかと思います。顧客側に立顧客の目線に立って考えること、それが最も重要なことになるのではないでしょうか。