第二の手法

無事顧客に「見つけて」もらえたら、次はその顧客たちの情報を収集する必要があります。一番初めに必要となるであろうことはEメールアドレスとかではないでしょうか。これを取得することにより、こちら側からの情報提供が行えるようになるからです。そういったメールアドレスを取得するには、無料相談フォームや無料セミナーとか、ステップメール、ホワイトペーパーのダウンロードリンクなどを設置した方法があります。質のよいコンテンツなどであればいろいろな相談などをしてくれる可能性やメルマガの登録をしてくれる可能性もあがると思います。

そうして顧客のニーズなどを把握しながらさらに良質の情報を提供していくことで、商品を購入してくれやすい状態まで教育史ながら関係性を高めていくわけです。そしてより良い時期をみて顧客化するためのアクションを起こします。たとえば通販であれはお試し商品の販売やプレゼントとか、会員サービスであれば初月無料での登録案内などがあります。

顧客との信頼関係が高まった状態であればかなりの確率で成約となることが多いです。ただし、そのアクションの時期を間違えてしまうと逆に顧客が離れていく可能性もあります。それを見極めながらおこなうことが大切になります。