インバウンドマーケティングの意味するところ

ネットの普及により企業のマーケティング活動というのはWeb上によるwebマーケティングが主流となってきております。インターネットを利用して自社の製品をアピールしたり、顧客からの情報を収集したりすることができ企業と顧客をつなぐための重要なサービスになっているのではないでしょうか。

そのなかに「インバウンドマーケティング」とよばれる手法があります。もともとこれまでの企業のマーケティング活動というのはアウトバウンドマーケティングという、不特定さ数の人を相手に情報を一方的に発信する一方通行型の手法でした。たとえば、大量のメールマガジンやダイレクトメール、TVCM,電話営業や訪問販売もこれにあたります。一昔前はこの方法は効果はあったでしょう。なぜなら情報を収集するすべが顧客側にはあまりなかったからです。しかしながら、インターネットの普及により、顧客側は自分がほしいと思う商品の情報をネットで収集できたり調べることができるようになり、逆にそれ以外の情報、必要のない情報は拒否できるようになりました。一方的な情報は顧客にとっては嫌煙されがちになってしまいます。

ではどうしたらいいのか。顧客が自ら情報を収集するのであれば、自社のところまで来てもらえばいいだけです。そう、顧客が検索をした結果、自社を「見つけてもらう」、そのことを前提としたマーケティングをインバウンドマーケティングといいます。Webサイトやソーシャルメディアを通じて顧客に役立つ情報を提供しそこから自社を「見つけて」もらえばその顧客がリピーターとなり、そこから口コミやtwitterやFacebookなどを通して次につながっていく、その一連の流れを狙って起こす手法になります。